アセンションとESS(エルーセラ・シンクロタイズ・システム)

1987年のハーモニックコンバージェンス以降、地球には宇宙からより高い意識の情報が入りやすくなりました。
この時期より、グルではなく、ごく普通の一般人がチャネリングを始め、色々な情報が伝えられることが多くなりました。
1989年には、地球の磁場調整をサポートする「大天使クライオンのチーム」が地球に来て、14年間、地球の磁場調整を行い、2002年12月に地球から離れていきました。あまり語られていませんが、このことによって、多くの変化が地球上で起こっています。
2007年9月18日は、意識の劇的な変化“クォンタム・リープ(量子的飛躍)”が起こり、新しいエネルギーの通り道が開かれた特別な日でした。

「2007年9月18日に起こるクウォンタムリープまでに、 この地球で、一人でも二人でもアセンションする人が出てくるようにと、 集中して、多くの情報がもたらされました。

中でも2006年1月から2007年の夏にかけて伝えてきたセントジャーメインやトバイアス、クツミのスクール情報は、 言わずもがな意識の進化、アセンションのための情報でした。

アセンションするために最低限知っておかなければならない数々の情報が含まれています。
その情報量は膨大ですが、ただ一点アセンションを目指すものでした。」
(山崎邦明氏)

エルーセラ・シンクロタイズ・システムは、
セント・ジャーメインが提案し、提供してくれた、
2006年1月に行われた、エルーセラ島でのリトリートです。

シンクロタイズは、般若心経の真髄を、現代における 最新の情報によって、
まったく新しい形で解説し直した、とても現代的で画期的な情報です。

「この世は幻想である」事の意味を、とても分かりやすく伝えています。
「般若心経」では、その事を、「色即是空・空即是色」と言う言葉で表現しています。

般若心経と意識の拡大

pannya.jpg(59945 byte)

般若心経は、多くの人に親しまれている一般的に尊いお経です。
般若心経の解説や本の紹介は、インターネット上で数多く見ることが出来ます。
出版された本を、無料で見ることも出来ます。
>>書籍の検索はこちら

------------------------------------------------------------------------------
般若心経の解説
般若心経は、この世でどう生きるか、どういう心持ちになればいいか、またどう生活すれば良いかについて全く語っていません。
般若心経をこの世のことに無理矢理置き換えると、全く違った意味不明のものになってしまいます。
観自在菩薩の意識が拡大して覚醒状態になり、その視点から見えた事を分かりやすく語っています。
個人的な人間の可能性、人間の意識の拡大の可能性を指し示しています。
意識の拡大状態になるには、脳を使っては絶対になることが出来ません。
脳はとても良いものですが、目的が全く違っているからです。
3次元の地球に来た魂、意識は、地球の引力圏から出ることがほとんど出来なくなり、意識が拡大して多次元を認識する事が殆どなくなってしまいます。
地球の引力圏内の幽界や霊界を通り抜け、移行の最終地点まで道案内する、地球の引力圏の力が及ばない地点まで魂の道案内を行う事が出来る、特殊な訓練を積んだファシリテーターがいます。
このファシリテートの際には、頭を使わず、感じることは全てあなたのことではないという状態、スタンスを取ることになります。
般若心経で言う所の、「照見五蘊皆空」「受相行識亦復如是」 、ということです。
皆さんがよく知っている言葉、「無念無想」の状態になることがとても大切になってきます。
さらに、般若心経では、この世は幻想である事を、「色即是空・空即是色」と言う言葉で伝えています。


漢訳  (玄奘三蔵訳を元にした流布本)
ぶっせつ ま か はんにゃは ら  み た しんぎょう
仏説摩訶般若波羅蜜多心経

かん  じ  ざい  ぼ  さつ    ぎょう じん はん  にゃ  は  ら  みっ  た  じ   しょう けん  ご  うん  かい  くう
観自在菩薩 行深般若波羅蜜多時 照見五蘊皆空
ど  いっ  さい  く  やく    しゃ  り  し      しき  ふ  い  くう      くう  ふ  い  しき      しき  そく  ぜ  くう
度一切苦厄 舎利子 色不異空 空不異色 色即是空
くう そく ぜ  しき     じゅ  そう ぎょう しき  やく  ぶ  にょ  ぜ      しゃ  り  し      ぜ  しょ ほう  くう そう
空即是色 受想行識亦復如是 舎利子 是諸法空相
ふ  しょう ふ  めつ    ふ  く   ふ じょう     ふ  ぞう  ふ  げん    ぜ  こ  くう ちゅう
不生不滅 不垢不浄 不増不減 是故空中
む  しき    む  じゅ そう ぎょう しき   む  げん  に  び  ぜっ  しん  い     む  しき しょう こう  み  そく  ほう
無色 無受想行識 無眼耳鼻舌身意 無色声香味触法
む  げん かい   ない  し   む  い  しき  かい   む   む みょう やく     む  む みょう じん
無眼界 乃至無意識界 無無明亦 無無明尽
ない  し  む  ろう  し   やく  む  ろう  し  じん     む  く しゅう めつ どう     む  ち  やく  む  とく
乃至無老死 亦無老死尽 無苦集滅道 無智亦無得
い   む  しょ とく  こ     ぼ  だい さつ  た     え  はん  にゃ は  ら  みっ  た  こ
以無所得故 菩提薩 依般若波羅蜜多故
しん  む  けい  げ  む  けい  げ  こ      む  う  く  ふ     おん  り  いっ  さい てん  どう  む  そう
心無礙 無礙故 無有恐怖 遠離一切顛倒夢想
くう ぎょう ね  はん   さん  ぜ  しょ  ぶつ    え  はん  にゃ  は  ら  みっ  た   こ
究竟涅槃 三世諸仏 依般若波羅蜜多故
とく あの  く  た   ら  さん みゃく さん  ぼ  だい   こ  ち  はん  にゃ  は  ら  みっ  た
得阿耨多羅三藐三菩提 故知般若波羅蜜多
ぜ  だい  じん しゅ   ぜ  だい みょう しゅ    ぜ  む  じょう しゅ   ぜ  む  とう どう  しゅ
是大神呪 是大明呪 是無上呪 是無等等呪
のう  じょ いっ  さい  く     しん  じつ  ふ  こ     こ  せつ  はん  にゃ  は  ら  みっ  た  しゅ
能除一切苦 真実不虚 故説般若波羅蜜多呪
そく  せつ  しゅ わっ   ぎゃ  てい   ぎゃ てい    は  ら  ぎゃ てい    は  ら  そう ぎゃ てい
即説呪日 羯諦 羯諦 波羅羯諦 波羅僧羯諦
ぼ  じ   そ  わ  か    はん  にゃ しん ぎょう
菩提薩婆訶 般若心経

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
日本では「 いろは 」 歌も、般若心経と全く同じ意識の拡大した状態で起こる、真理を伝えています。

いろはにほへと ちりぬるを  わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて  あさきゆめみし ゑひもせす
 
色は匂へど 散りぬるを 我が世誰ぞ 常ならん
有為の奥山 今日越えて 浅き夢見じ 酔ひもせず

「いろは歌」の解説
色は匂うけれどすぐ散ってしまうでしょう。この世でまったく変わらない物はないのですから。
諸行無常 、万物流転のことを言っています。
そんな、全てが変わる世界で幸せを求めようとしても、決して幸せになれないでしょう。
全てが変わってしまうのですから。ましてや人間の心も移ろいやすいものです。
二元性を超えて、二元性で支配されるこの世やあの世を越えて、幻想の中で夢など見て生きていないで、
酔っ払ってなんかいないで、意識を拡大して目覚めてくださいと伝えています。

(より詳しく知りたい方は »意識の拡大ワークショップ)

セント・ジャーメインの情報


「汝自身を知る」上で、とても重要な最初のステップです。
多くのニューエージャーやアセンションを目指している人々が 、超えていけないポイントが、ここにあります。

»エルースラ・シンクロタイズ・システム

この情報の中には、非常に貴重なエッセンスが散りばめられています。
詳しい解説は、ワークショップでご案内しています。

»セント・ジャーメイン 「魂の自由 パート2 − セント・ジャーメイン特集」

参考資料 「2007年9月18日のクォンタムリープ」

2007年9月18日のクォンタムリープ

”クォンタムリープ”を目前に、トバイアス、アダマス・セント・ジャーメインがシャーンブラに対して、その体験をするためのメソッドを伝え始めました。 「ドリームウォーカー」や「セクシャルエネルギー」と 呼ばれるワークなどのほか、「エルーセラシンクロタイズシステム」もそのうちの一つです。

クリムゾンサークルではアセンションを「同じ肉体にとどまりながら、一つの生涯から次の生涯へ移るプロセスで、内側に神聖なる種子を生み出すこと」と定義しています。

量子的飛躍、つまり劇的な変化を表すクォンタムリープが起こるとされているのが2007年9月18日。これは、自分にはもっと自由と力があると気づいてさらなる洞察を持つことのできる日、 人間に大きな意識変革が起こる日であり、トバイアスによれば、「人間の意識が飽和点に達する日であり、精神的にも肉体的にも物理作用が変わって新しいエネルギーとワークするための 可能性が開かれ、人々の集合意識への執着が変わる」日だそうです。

山崎代表によれば、クォンタムリープの日が来ても感じない人は何も感じることはなく、2000対1の割合で気づく人が現れるそうです。

「2007年9月18日の日付の数字のうち、2と7、1と8をそれぞれ加えれば9という数になります。そして9月で”999”です(すべてを加えた数も9)。 この”完成”を表す9という数が3つ並ぶ日なのです。新しい時代が始まります。プラスマイナスのエネルギーじゃない、人が知らない エネルギーが働き出すのです。感応し、表現する人が現れ、それが伝染病のように広がっていきます」


〜すべては、ここから始まっている〜 ess.jpg(61089 byte)
シンクロタイズ発祥の地 バハマ・エルーセラ島 COCODIMAMA・ホテル


▲ページトップに戻る